トップページ > 棟梁の語る家づくり

伸建築・棟梁 長野善伸が語る仕事へのこだわり

福岡の伸建築は、棟梁であり代表である私・長野善伸が注文住宅建築の営業から設計・施工まですべてを手がけております。
これは、家づくりにこだわりがあるからこそ、お客様に喜んで頂きたいからこそなのです。

家づくりにかける想いは誰にも負けません。

少し長くなりますが、私の想いやこだわりをお聞きいただければと思います。

棟梁自身が打ち合わせからメンテナンスまで手を手がけます

打ち合わせから設計、工事、そして建築後のメンテナンスまで、棟梁である私自身が担当させていただいております。一貫して携わるため余計な人件費がかかりませんし、イメージと仕上がりにずれや食い違いが出にくいです。一度にたくさんの作業をこなすことはできませんが、一棟一棟丁寧に作業をさせていただきます。

一生住める・何世代も住める家を築きます

一生住める・何世代も住める家を築きます家は、そこに住むご家族にとって一番いい姿をしていなければなりません。ですから私は、パターンが決まった家よりも、一棟一棟すべて違う姿にできる木の家にこだわっております。お子様も含めて住む人のことを考えたら、自然と木の家になった……というのもありますね。
主に使っている木材は、高温多湿に適していることから腐り難く、シロアリにも抵抗性の強い、宮崎県産の「おび杉」。そのバランスのよさから選びました。そして大工自身の手作業で墨を付け木材を刻む「手刻み」や、世界遺産である白川郷などで有名な「合掌造り」など、日本に古くから伝わる技術を採り入れ、今に残る歴史的な建造物の強靱さを真似ています。建てた家に一生住み続けていただきたいから、一世代ではなくお子様やお孫様にも住んでいただきたいから、長持ちする家にこだわっているのです。

合掌づくり
施工事例

いい家に住んで欲しいから・・・・・・

いい家に住んで欲しいから

私は一人の大工であると同時に、家づくりで頼りになるアドバイザーでありたいと思っています。アドバイザーでありたいと思うのは、損をすることなく 皆様に本当にいい家に住んでもらいたいから。注文住宅という大きな買物に失敗してもらいたくないからです。家は買うものではなく、建てるものです。建てて 築くお手伝いをさせていただきたいと考えております。

伸建築の棟梁は職人です。正直なところ、言葉巧みな営業は苦手です。「安いですよ!」とうわべだけの言葉を並べることもできません。“わかりやすい 安さ”をお求めの方にはお応えできませんが……「いい家を建てたい」という方のお気持ちには全力でお応えします。品質はもちろん、価格にもご満足いただけるようなご提案をさせていただきます。

プラン作りが少し変わっています

予算にも住まいの性能にも妥協してほしくないから、最初のお打ち合わせでご要望をしっかりお聞きし、プラン作りをさせていただく途中で、「参考見積もり」をご提示させて頂いております。
プラン作りでは“お客様設計”と私たちが呼んでいるお客様のご要望の詰まった設計書に、伸建築のご提案でアレンジを 加えていきます。何度かプラン作りを繰り返し、細かい部分もすりあわせていくことで、「結果として予算内に収まりながらも要望を叶えられた!」という状態 を目指します。そこで、最終的な見積もりをご提示させて頂きます。

伸建築で家ができるまでの流れ

お問い合わせ 092-923-8027

メディア紹介

伸建築からのご提案

伸建築(のぶけんちく)
福岡県知事許可(般-22)第100762号
福岡県知事登録 第2-40204号

pagetop